MENU

当院の特徴

Feature

当院の特徴

一人一人の子どもが抱える問題の解決だけでなく、ご家族、特にお母さんが孤立しないことも大切なことだと考えています。

  • 新生児医療を専門としてきましたので、早く小さく産まれた赤ちゃんの診療も対応できます。
  • 土曜日は午後3時まで診療しています。
  • 女性医師の診察もできます。
  • 屋内駐車場も完備しておりますので、雨の日も濡れずに受診できます。
  • はつチャレ

    はつチャレ

    離乳食ではじめてチャレンジする食材を病院で食べてもらう教室(はつチャレ)を開催しています。

    食物アレルギーかあるかどうかを心配されているご家族は多くいますが、血液検査で事前にアレルギーが出現するかどうかを予測するには限界があります。では、食物アレルギーの有無をどうすれば知ることができるか、それは実際に食べさせてみないと分かりません。もし食べてアレルギー症状が出た場合、その時に初めてその原因となる食材探しがスタートします(問診と血液検査、食物経口負荷試験)。

    このようなお話をすると、「食べないと分からないなら、食べさせてアレルギー症状が出たら怖いので食べさせません」と考えるご家族もいます。しかし、特定の食べ物をずっと除去し続けると、かえって食物アレルギーを起こすことになってしまいます。このことから2019年に改定された「授乳・離乳の支援ガイド」にも、少しずつ食べていくことが重要とされています。

    そこで当院では、はじめての食材を安心して食べて貰うために“はつチャレ”(=はじめての食材チャレンジ)を実施しています。“はつチャレ”はご家族が子どもに食べさせたい食材を準備していただき、クリニックで実際に食べさせて1時間程度様子を観察します。もしなにかしらの症状が現れたとしても、すぐにスタッフが対応しますので、安心してチャレンジすることができます。

    このように、“はつチャレ”は食物アレルギーが心配なお母さんたちが集まって参加していますが、最近は同じ歳の子どもを持つ保護者同士が知り合うチャンスや「大人と話がしたい」などの気分転換を目的として参加される方もいます。この“はつチャレ”は予約制ですので、もしご興味のあるご家族がいらっしゃいましたらご相談下さい(最大4家族まで参加できます)。

    はつチャレの説明図

    はじめての食材の選び方・調理の仕方をまとめていますのでクリックしてください。

  • ラベルシールサービス

    ラベルシールサービス

    予防接種を受ける場合に必要な、問診票の記入の手間を減らします。

    予防接種問診票ラベルシールサービスについて

    予防接種を受ける場合、保健所提出分と診療所保管分の問診票が必要で、それぞれに同じ個人情報(接種者氏名、保護者氏名、現住所、生年月日、性別)を記入することになります。とくに1歳未満の乳児が予防接種を受ける場合、定期接種と任意接種の組み合わせ次第では最大9枚もの問診票への記入が必要になり、保護者の大きな負担になっていると思います。また、乳幼児を抱えてあやしながらの記入となれば、問診票の質問事項への書き忘れや住所や生年月日の記入間違いにつながるかもしれません。

    そこで、当院では2歳未満のワクチン接種者を対象に、個人情報のラベルシールを発行するサービスを準備しています。手書きにかかる保護者の負担を少しでも軽減したいと考えていますので、ラベルシールの利用を希望される方は受付時にお知らせ下さい。

    ラベルシール発行に際して
    • 受付スタッフが被保険者のお名前と現在お住いの住所を確認します
    • 必要分のラベルシールを発行しますので、情報に間違いがないかをご自身で確認して下さい
    • ご自身で個人情報欄の上にラベルシールをそのまま貼って下さい
    • 保護者同意のサインは来院された保護者が自署でお願いします
    • 2歳未満の乳児が対象になりますが、現時点では対象年齢にかかわらずインフルエンザワクチンはラベルシールサービスのご利用はできません
  • coming soon

    coming soon

    ただいま準備中です。

pagetop